浜松ヒートテック

非接触で40℃〜400℃まで測定。
鏡面、光沢のある金属表面の温度測定が可能に。

浜松ヒートテック株式会社

http://www.heat-tech.co.jp/


浜松ヒートテックは耐火材料、工業炉の設計・製作を行う専門企業。熱制御分野においての専門技術研究と実績が豊富なため、熱専門メーカーとしてのポジションを確立していると言える。その蓄積された熱処理専門技術を活かして、今まで困難だった鏡面や光沢のある金属表面などを接触せずに温度を測ることを可能にした非接触式温度測定「高精度小型非接触型測定システム」を開発した。
浜松ヒートテック01 浜松ヒートテック04
物体はその表面から温度に比例した赤外線エネルギーを放出している。放射非接触温度計とは物体から放出されている赤外線エネルギーの量を測ってその量を温度に換算する温度計で、測定した赤外線をカメラで撮影し物質からの赤外線放射率により測定値が決まる。接触式の温度計は、対象物の表面が高温、高圧、高電圧のもの、または稼働中の機械などでは破損をきたし使用できない。また食品、医療品などは不衛生などの理由で使用できない。非接触式であれば危険物あっても使用可能である。高精度小型非接触型測定システムは操作が簡単で誤差が少なく、ガラス越しでも測定可能だという。

応援ブログ記事


「高効率工業炉、赤外線温度センサ」 熱制御の浜松ヒートテック(株)